名古屋市中区丸の内3丁目5-40
ROYAL SESSIONS 1F

電話:052-972-8181

【アクセス】
地下鉄名城線市役所駅徒歩5分
地下鉄桜通線久屋通駅徒歩5分

【診療時間】
午前 9:30~13:00
午後 14:30~19:30
【休診日】日曜日・祝日

愛知県名古屋市のインプラント・審美歯科・ホワイトニング・矯正歯科・訪問診療ならNOB DENAL SPACE

睡眠時無呼吸症候群

毎日の笑顔を作る名古屋審美歯科情報室
Mobile Site 携帯サイトはこちらから
EPARK歯科

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome「SAS(サス)」)とは、睡眠中に呼吸が10秒間以上止まることを無呼吸とされ、これが一晩7時間の睡眠で30回以上、または1時間あたり5回以上が起こるものをいいます。この病気が深刻なのは、私達はなかなか気付くことができないが、高血圧症、脳卒中、狭心症、心筋梗塞など循環器病を合併する危険が高まること。健康面以外に、仕事の会議中や学校の授業中など、大事な時間に強い眠気に襲われ居眠りしてしまい、周囲からはの評価が下がることもあります。居眠り運転等の原因にもなり、事故を起こす可能性もあります。日常生活に様々なリスクが生じたり、社会的な問題となる可能性のある病気なのです。

睡眠時無呼吸症候群の歯科における治療

この症状の歯科的治療には、就寝時にスリープスプリントというマウスピース(歯科装具)を装着する治療法があります。仰向けで就寝した場合、下あごおよび舌が重力で下方に落ち込み易くなり、それにより気道が狭くなっていびきや無呼吸を生じます。スリープスプリントを装着することにより、下あごを前方にした状態にし、下あご及び舌が落ち込むのを防ぎます。体を傷つけることがないので、安全で体に優しい治療法です。

Page Top